蒼国来の日本国籍取得が発表されました

部屋・一門

力士衆と親方

【祝!新入幕】剣翔十両から幕内に上り阿炎とのバトルが勃発?

夏巡業が終わって秋場所の番付が発表されました。今場所の新入幕は一人、追手風部屋の剣翔であります。 世間的に『力士』として認知されている顔触れがほぼ幕内力士なので、新十両の剣翔は幕内の相撲しか見たことがない人にとっては「剣翔?Who?...
力士衆と親方

嘉風子どもを亡くしたベテランの相撲が30歳を過ぎてから良くなったわけ

めっぽう強いわけではないけど人気のある力士の一人として数えられる尾車部屋の嘉風。 若々しい相撲が印象的ですが現在37歳。プライベートでは一男一女の父であります。しかし過去には子どもを亡くした悲しい出来事も。 三賞を何度も受賞していますが...
力士衆と親方

安美錦40歳引退決意!幕下陥落より潔さを選択したのはなぜか

相撲は人気商売です。人気の関取には四股名に二つ名がつくことがあります。「土俵際の魔術師」の二つ名を持つ安美錦は紛れもない看板力士でありましょう。若い頃はイケメンでも鳴らしたものです。【追記】 名古屋場所二日目、恐れていたケガをしてしまったようです。(追加記事あり)
力士衆と親方

北勝富士こころ優しき新小結はなぜ今まで三役に上れなかったのだろう

三人の新入幕やみんな大好き豊ノ島の幕内復帰など話題が豊富ななか、八角部屋の北勝富士がめでたく新小結に昇進しました。北勝富士といえばファンからもらった差し入れなどを残らずTwitterで紹介する丁寧さと優しいファン対応で好感度高いですよね。 立派な人気力士の一人ですが今回の小結昇進は「え?新三役だったの?!」という印象があります。相撲ぶりが消極的なわけでもない、むしろ闘志のかたまりみたいな相撲でばりばり上位を撃破してるのに、なぜ今まで上れなかったのでしょう。
力士衆と親方

炎鵬イケメン可愛い小兵の王子はパリピ?彼女の有無より相撲が感動的

ここ1~2年目が離せない小兵力士が増えてきました。その中でもっとも注目されてる一人が宮城野部屋の炎鵬でしょう。横綱白鵬の内弟子3号にあたります(確か)。 小さな体で体重差100キロほどもありそうな相手に果敢に立ち向かう姿はもう胸熱!彼女の存在とかいろいろ気になるところですが、オフタイムはけっこうパリピよと言う噂も。
力士衆と親方

貴景勝タマゴがむけないカワイイ大関候補が春場所に向けて抱える心配事

巡業のない2月、来場所大阪に大関獲りをかける貴景勝がちょっとしたブーム的にテレビに顔を出しています。 貴乃花部屋がまだ存続していたらまず見られなかったであろう貴景勝の素顔に「カワイイ!!」と思わず言ってしまった人が日本中に25万6500人くらいいたんじゃなかろうか(適当) どこか頼りない一人暮らしを始めた貴景勝、大関昇進をかけた春場所を迎えます。このところの強さを見ているとまぁ昇進するでしょと思いますが、初場所でいくつかの不安材料を垣間見せていたのが気になります。
力士衆と親方

宇良幕下の番付でまた大ケガの不運(涙)状態は楽観できず最悪引退の可能性も?

見た目に楽しい反り技を代名詞に持つ元幕内の宇良がまた大ケガで土俵から長期離脱を余儀なくされそうです。 関取復帰を目指して三段目の下位からの再スタート3場所目、やっぱ地力が違うわと思う相撲を見せてくれていただけにまことに残念。 前回のケガでは6場所休場で土俵に戻ってきて待っていたファンを喜ばせてくれましたが、今回はもっと時間がかかりそうな気配です。回復具合によってはこのまま引退という可能性も…?
力士衆と親方

大栄翔笑顔が可愛い孝行息子は「彼女」もかわいい?地味系力士だけど強くなると思うわけ

このところ相撲の強さよりも可愛いことが注目される力士が増えてきました。砂糖菓子の如き甘いお顔の朝乃山とか四股名が顔に似合わん過ぎる極芯道とか。 さて、大栄翔ですが、はっきり申し上げて目立ちません。いくつかの理由で見分けがつかないという理由もありますし、相撲ぶりも目を見張るほどの何かをまだ発揮できてはおりません。 しかし大栄翔は実はとっても可愛くて応援したくなる要素がたくさんの愛すべき力士なのです。
力士衆と親方

朝乃山の不調は彼女と上手く行ってないから?力士の嫁さんに学生時代からの彼女が少ないわけ

幕内カワイイ番付の東の横綱が鶴竜だとしたら、高砂部屋の朝乃山を西の横綱に据えることに異論のある人は少ないでしょう。 大きな身体に不釣合いな甘いベビーフェイス、ほえっと笑った顔など全身の力が抜けてぐにゃぐにゃにされるキュートさ。相撲のほうも同期入門の豊山とともに大関候補として期待される逸材とあっては、モテないほうがおかしいし実際彼女もいるらしいとの噂です。 ただ初場所はイマイチ元気がありません。もしや彼女と上手くいってない?と思わせる節も…。
力士衆と親方

玉鷲ファンサ最高で女子力横綱の口説き上手を笑顔の破壊王と呼ばないで

平成最後の初場所で三役の常連玉鷲(片男波部屋)が西の関脇に戻って土俵に上ります。 不機嫌そうな顔が想像できないほど笑顔を絶やさず、趣味が洋裁とお菓子作り、愛に溢れてるからハートが大好きといった発言から女子力横綱と呼ばれて久しいですね。 しかし土俵の上では対戦相手に怪我人が続出。「玉鷲の相撲はキライ」という声もちらほら耳にします。 見るからに口説き上手そうな面差しとは裏腹な土俵上の鬼の形相。たしかに玉鷲の相撲は激しいですが、破壊王と呼ばないであげて欲しいのであります。