新型コロナ感染で治療中だった勝武士(高田川部屋)が亡くなりました 謹んでご冥福をお祈りいたします

臥牙丸かわいいサバ読み199k本当は?ケガで幕下陥落危機が再び?

臥牙丸力士衆と親方

外国人力士の台頭がめざましい大相撲の世界にあって、変わらぬ人気を誇る臥牙丸。大きいこと小山の如しとお相撲さんを表現しますが、臥牙丸はまさに幕内最重量の小山のような巨漢力士です。土俵の上では赤鬼みたいな怖い顔をしてますが、おちゃめでお喋りで可愛い!と人気です。実はとってもイケメン?

協会で行なわれる体重測定に長いこと顔を出さず199キロと言い張っていましたが、本当の体重を公表した模様です。なんだってまたサバ読みしていたんでしょう。

臥牙丸199キロの真実

永遠の199キロだった臥牙丸ですが、本当の体重を公表しました。体重、実に212キロであります。幕内の平均体重が150~160キロですから、どんだけ重いんだって感じですね。

初めて本当の体重を公表した時は確か209キロでMAX215キロあたりだったと思いますが、現在は212キロに落ち着いたようです。

ただし相撲協会の公式サイトには相変わらず199キロと記載されています(笑)

とは言え、以前はこれほど大きくはありませんでした。
もっとやせていた頃の臥牙丸は、実はむっちゃイケメンなのであります。

臥牙丸

モデルでもいけそうなイケメンぶり。

長く本当の体重を明かさずサバ読みをしていたので、「臥牙丸 意外に乙女!」と言われてましたが、なぜサバを読んでいたのでしょう。

理由として考えられるのは、臥牙丸が所属している木瀬部屋の親方の指導方針があると思われます。木瀬親方は「稽古もプライベートも本人の自主性に任せる」という、よく言えば弟子を信じる、悪く言えばやや放任なところがあります。

相撲は力比べなので、体重が重ければ有利な反面、その体重が仇になって膝を壊しやすいため、下半身に比べて上半身が大きい力士は特に体重管理を厳しくしておかないとケガにつながり、それが相撲生命に関わってきます。

ところが木瀬部屋の力士衆は体重管理も自分でやっていかなくてはならないため、甘いものもお酒も大好きな臥牙丸にはなかなかそれが出来なかったのでしょう。

太りすぎという自覚は臥牙丸自身にもあるようで、「ボクが太ったのは日本のご飯がおいしいのがいけないのです」と茶目っ気のあるコメントをしていました。

臥牙丸のコメントが可愛い

2005年の11月場所で初土俵を踏んだ臥牙丸、今年で来日丸10年になります。

相撲は野球やサッカーと違って入門したら日本語で生活しなくちゃならない世界ですから、ジョージア(旧グルジア)人の臥牙丸もすっかり日本語が上手になりました。

コメント