稀勢の里32歳名古屋場所で復活の出場目指すも本腰入れるのが遅すぎじゃね?

稀勢の里 力士衆と親方

もうじき暑い暑い名古屋場所が始まります。稀勢の里ファンの皆さんはなんとも落ち着かない『恒例の』場所前をお過ごしではないでしょうか。稀勢の里のいない本場所は寂しいけれど、出場したものの相撲にならずに途中休場する姿は見たくないジレンマ。ああ。

左腕の付け根と大胸筋を傷めている稀勢の里。途中休場と全休を繰り返しながらかれこれ7場所休んでいるわけですが、やっとこさ本格復帰に向けて本腰を入れる気になったようです…って、遅いだろ!



稀勢の里名古屋は出るの?出ないの?

7月8日に初日を迎える名古屋場所、名古屋入りしている力士衆は暑い中場所前の本格的な稽古に精を出しております。

稀勢の里も名古屋入りしています。少なくともはじめっから休むつもりでいるわけではなさそうです。本人はかなり出たい気持ちでいるようですが、ケガの状態もありまだまだ出場については不透明です。

6月末に鳴戸部屋で行なわれた連合稽古では先行きに不安を感じさせる内容で、鳴戸親方に「稀勢の里は何がしたいのか分からない。身体に砂がついてない。本気で初心に戻らないと」と酷評されていました。

うーむ、不安材料の方が多い気がする…。

出稽古で本気度を見せる

これまでひたすら高安と稽古を重ねるだけでほとんど出稽古をしてこなかった稀勢の里ですが、この場所前は珍しく自ら足を運んで出稽古を行なっております。連合稽古で酷評されたことで発奮したのでしょうか。

7月2日に出稽古先の九重部屋で先輩横綱の白鵬とばったり会ったため、三番相撲の相手をしてもらいました。久しぶりに肌を合わせて「目が覚めたようだった」と言い、かなりの好感触を得たようです。

翌日は師匠に直訴して宮城野部屋に出向いて白鵬に稽古をつけてもらおうとしましたが白鵬の都合(2日も続けて三番稽古は疲れるらしい)でぶつかり稽古のみとなりました。

うん、まあ白鵬もボランティアで相撲取ってるわけじゃないもんね(苦笑)

九重部屋も宮城野部屋も初出稽古だったという稀勢の里、もう「自分、出稽古しないんで」とか言ってられんようです。

 

宮城野部屋に現れた稀勢の里に白鵬は「来るのが遅い」と笑っていたそうですが、ホントそうだと思います。休めば休むほど失われてしまう相撲勘を本気で取り戻そうと思うなら幕下や十両なんていう格下ばかり相手にしててもダメなことは素人でもわかると思ってました。

萩原君はケガから1年半近く経ってやっと「このままじゃダメだ!」と気がついたようだ ぱっぱらー♪


なぜこんなに長引くの?

しかし、それにしても稀勢の里のケガは長くかかってます。休場のたびに「1ヶ月の加療を要す」とか「3週間の安静を要す」なんていう診断書を提出してますが、今となっては始めっから半年とか1年で診断書出しとけよ!と思ってしまう。

温存で治るケガだったのか?

昨年春場所に稀勢の里が左腕の付け根をケガしたとき、けっこうな内出血がありました。筋断裂の証拠でした。

いろいろ調べてみると、完全に切れてしまったものは手術で繋ぎなおさないと治らないのですが、程度が軽ければ温存治療が可能だそうです。

が、稀勢の里のケガが軽かったのか?と問われれば、うーん…という感じです。

稀勢の里の胸から腕の付け根にかけては、左右で比べてみると傷めた側に不自然なへこみがあります。このへこみは筋肉が切れたままになってるから出るものだと親方の誰かが言ってました。

現在の稀勢の里はゴッドハンドと呼ばれる整骨院に通って電気治療を行なっているようです。たぶん、切れずに残っている部分を電気的に収縮させて筋力を増大させる方法を取ってるんじゃないかと。

途中休場するときは場所前にわかる?

稀勢の里という力士はひたすら稽古することで強くなってきました。…といっても四股摺り足てっぽうといった基礎稽古は嫌いですが。(師匠に「もっと四股を踏め」といわれると舌打ちをしてるらしい 笑)

稀勢の里が出たはいいけど金星配給機と化して途中で休むだろうことは実は場所前に分るのです。

場所前には奉納相撲がよく行なわれます。場所には満足に出られずとも花相撲にはきちんと出てくる稀勢の里は本場所に出ずに土俵入ばかりが上手くなると皮肉られています。

確かにその通りなんやけど、それは言わんとってあげて。本人も不本意なんやから(涙)

ただ、何度も綱とりに失敗していた頃はぶすっとしていることが多かったのに、ろくすっぽ土俵に上れなくなってからの方が表情が柔らかいのはなぜなのだろう。…まあ笑うなって意味ではないけど。

それはともかくとして。

稀勢の里が場所に自信を持って臨めるかどうかは場所前の土俵入を見ると分ります。万全じゃないときは体つきが違う。

名古屋場所に向けての目標は15日間土俵に上れる身体に戻すことという稀勢の里。それ聞くとかなり微妙な感じではありますが、本人が復活を信じている以上、稀勢の里ファンとしては信じて待つしかないのであります。

復活場所での全勝優勝なんて奇跡は求めてませんから。ただただよく戻って来てくれたと思わせてくれたらとりあえずそれで十分ですから。

【追記】

7月5日、稀勢の里の名古屋場所休場が発表されました。これで連続8場所の休場です。
…内心やれやれと思っている自分がいる…(涙)



コメント