不祥事・ごたごた

大嶽部屋の幕下部屋頭が酒気帯び疑いで物損事故じゃ問われても仕方がない親方の指導力

11日に初日を迎える九州場所直前にお相撲さんの不祥事発覚です(涙)11月9日の未明に、大嶽部屋の幕下力士が場所入りしていた福岡県内で酒気帯び運転をした上に物損事故を起こしました。 つーか、なんでよりによって大嶽部屋なのっ!年明けまで部屋頭...
力士衆と親方

鶴竜帰化承認を待つかわいい横綱の優しくない一面とは?

モンゴル人力士につきものの引退後はどーすんだ問題を抱えていましたが、将来も角界に残って指導に当りたいと帰化申請を行なっています。その進捗は? 癒し系の外見だけでなく人柄も真面目で温厚、とても優しいと非の打ち所がありませんが、実際は「あの鶴竜が?」と思うような一面もあるようです。
不祥事・ごたごた

大砂嵐また無免許運転発覚でRIZINクビになってもうテレビに出られない?

年明けに起こした無免許運転&接触事故で相撲界を去った元幕内力士の大砂嵐が、再び無免許運転&スピード違反を起こしていたことが発覚して次の活躍の場として所属していた総合格闘技RIZINをクビになっちゃいました。 デビュー戦は残念ながら負けてしまいましたが、さらにトレーニングを積んで暴れてやるぜ!だったろうと思うのに なんとまぁ…という感じです。
スポンサーリンク
お相撲あれこれ

栃ノ心と臥牙丸の出身地がややこしいのにグルジアからジョージアになったわけ

ただ、私たち相撲ファンは長いこと「グルジア国○○出身 ▲▲部屋」と館内放送で聞いていましたから今でもグルジアの方がしっくり来ますし、新しいファンの方々の中にはアメリカのジョージア州だと思ってた人もいるようです。 栃ノ心と臥牙丸の出身地の呼称が、ある場所から突然グルジアからジョージアに変わった理由はちょっと難しい国際問題が関係しています。
力士衆と親方

阿炎面白いと人気のイマドキ力士は番付を三役に定着しその上を目指せるか

各地を回る巡業でサインを求めるひときわ大きな人だかりができている阿炎。 5月場所で横綱白鵬から挙げた金星インタビューに「お母さんに電話したいんで帰っていいですか?」と、ある意味相撲史に残りかねない迷言を残したことで一躍注目力士になりました...
不祥事・ごたごた

貴ノ岩が実は示談成立してなかった日馬富士を提訴して意外な結末

あの鳥取の夜から約1年。土俵に復帰し、もともとの地力十分を発揮してめきめき番付を上げている元貴乃花部屋(現 千賀ノ浦部屋)の貴ノ岩が9月30日に引退相撲を終えた元横綱 日馬富士に対して約2.400万円もの損害倍賞を請求する民事訴訟を起こしました。 貴ノ岩と元日馬富士は水面下で示談を終えてるのかと思っていたのですが、実はそうじゃなかったようです。現役力士として土俵に上りながらの裁判は極めて異例。さぞかし相撲が取りづらかろうと思うのですが、それでも提訴に、それもなかなかな金額を提示して裁判に踏み切った貴ノ岩の真意は何でしょうか。
不祥事・ごたごた

貴乃花親方の”引退”は結局誰のためにもならないし若い衆が可哀想なだけだと思う

貴乃花親方が引退届けを提出したそうなという激震ニュースが昼過ぎに流れた9月25日。午後5時から貴乃花親方による相撲協会を去る決断をした経緯を説明する会見が行なわれました。 相撲協会による有形無形の圧力があり、このままでは弟子たちが稽古研鑽に集中できないと判断して断腸の思いではあるが師匠を退くことにした というのがもンのすごくざっくりした理由です。 それに対して相撲協会は『圧力をかけたことはないし提出された書面に不備があるから提出しなおして!』と貴乃花親方の言い分を全面否定した上で慰留はせずに突き放した恰好。
不祥事・ごたごた

貴乃花親方が退職願を提出した理由は裁判か病気治療か?弟子たちはどうなる?

一兵卒として頑張っていた貴乃花親方が秋場所が終わるなり相撲協会に退職願を提出しました。どっひゃあ。平成の大横綱が平成の終りに相撲の世界を去ろうとしていることはある意味非常に象徴的な出来事だとは思います。
力士衆と親方

稀勢の里結婚しない横綱が鳴戸部屋にいた頃の知りたくなかったかもしれない話

馴れ合うのを避けるために特に仲のいい力士を作らず、「不器用なので現役中は結婚はしない」発言もあることからストイックな土俵への態度がかっこいいと女子人気も急上昇ですが、これは聞きたくなかった…という話もちらほらと…
力士衆と親方

大露羅ついに引退!歴代最重量の巨漢力士を故北の湖理事長が誰より可愛がったわけ

大露羅は2015年の九州場所中に急逝した北の湖前理事長の付け人を長年務めていて、理事長秘書のあだ名がつくほど重用されました。なぜ100場所以上土俵に上がりながら幕下に上れたのが数場所しかない激よわの大露羅を北の湖理事長はあれほど可愛がったのでしょうか。
スポンサーリンク