16代時津風親方の不祥事退職で枝川親方ではなく土佐豊の間垣親方が部屋を継承するわけ

時津風部屋不祥事・ごたごた

コロナで東京に緊急事態宣言が発令される中、神経をこれ以上ないくらい尖らせながら開催された大相撲初場所で弟子の正代が優勝争いをしている最中に雀荘通いをしていたことが発覚した元時津海の16代時津風。

協会からの処分を待たずに協会を退職する意向とのことで元土佐豊の間垣親方が次の部屋の師匠として継承する方向で話がまとまりそうとの報道がありました。

時津風部屋は部屋付きの親方を何人も抱えていますが、なんで最も古株の元蒼樹山の枝川親方ではなく間垣親方が継承することになったんでしょう。

時津海がこんなにアカン人だったなんて

元幕内時津海が突然16代時津風を襲名する運びになったのは2007年11月場所前のこと。本人はまだ現役を続けたかったのに先代時津風が起こした相撲界最大級の不祥事のあおりを食っての引退・襲名でした。

襲名会見で逮捕という形をもって角界を去った師匠をはっきりと批判し部屋を守っていく決意を語った姿を見て、この人はひとかどの男に違いないと思っておりました。

2010年に発覚した大相撲野球賭博事件で2階級降格の処分を受けた時も、お相撲さんは賭け事好きだからねぇくらいに思ったものです。

正直この人にはあんな事件の後部屋を任されて大変だったろうにそれでも直弟子に豊山・正代と有望な力士を抱えて偉いよホントに!と好感持っておりました。博多人形みたいな顔も好きだし。

ところがどうだ。わずか4か月の間に協会のコロナ感染対策ガイドラインに2度も違反する愚を犯すとは。部屋を守るために粉骨砕身してきたことを忘れたんだろうか。情けない。おかげでわたくしは男を見る目がないことがより明白になってしまった。

退職届はすんなり受理されず

わずかな間に2度も、それも2度目はよりによって場所中に雀荘なんていう感染リスクがめっちゃ高そうな場所にせっせと通ったとされる時津風さんは「オレはもうクビだ」と嘆いたそうです。

昨年9月のゴルフと福岡行きの時に2階級降格の処分を受けているので後はよほどの温情かけない限りは引退勧告か解雇といった厳罰が不可避の状況なわけですが、時津風さん自身は処分が下る前に退職する意向を明らかにしていました。

しかし、芝田山広報部長は「そう簡単に退職届は受理できない」とコメントしました。

一見なんか意地悪してるみたいですが、相撲部屋は師匠がいないと本場所に出られない決まりになってますから、自分が辞めた後誰に後継を託すかを決めずに辞めるとかあり得んだろ!ということでしょう。

後継は土佐豊の間垣親方に?

昨年11月場所前に行われた弟子の正代の大関大関昇進伝達式では、謹慎中で本来は出られんところを晴の日だからと特例で出席を許されたのに前日に急性膵炎を発症して内視鏡手術を受けたため結局出られなかった時津風さん。

間が悪いにもほどがあると思いましたが、伝達式は部屋付きの古参親方である枝川親方が師匠代行を務めました。

しかし17代時津風を襲名しそうなのは土佐豊の間垣親方の方向で話がまとまりそうとのことです。

後継指名は予想の上いく人選だったりすることが時としてありますが、なんで枝川さんじゃなくて間垣さんなの??

実は枝川さん、先代の後継を決める時に最有力視されていたのですが頑なに固辞したと言われます。親方ヒエラルキーでは部屋付きより部屋持ちの方が格上ではあるのですが、みんながみんな部屋持ちになりたいわけではないらしい。

それに加えて時津風部屋には先々代、14代時津風の元大関豊山が東京農大出身だった縁で東京農大からの入門者が多くいます。 今回退職する16代時津風さんも元土佐豊の間垣さんも東農大出身です。

部屋の継承というところでも学閥意識が働いた可能性がありそうです。

間垣親方の前途は多難?

突然降ってわいた17代目の師匠の肩書を負うことになった間垣親方ですが、安閑としてはいられなさそうです。

時津風部屋は横綱・大関を何人も輩出した名門部屋です。自分の代で廃れさせるわけにいかない大きなプレッシャーが標準装備でついてきます。

褒められない形での師匠交代なので新たな師匠は後援者に頭を下げて回る仕事が待っています。 師匠が 2代続けて不祥事で角界を去るのですから古い後援者から厳しい言葉を投げつけられそうですし呆れ返って離れてしまう後援者がいるかも知れない。

それに加えて時津風部屋の親方衆の中で一番年下な上に現役生活が一番短く、番付も後輩親方の元豊ノ島の井筒さんの関脇に及びません。けっこうなクセモノ揃いと言われる部屋付きの親方衆を前に相撲世界の価値観では師匠でござい!と大きな顔はしづらい雰囲気です。

ちょっと想像しただけでも先行きは楽ではなさそうですが、2月1日に間垣さんが後継するとの報道が出た後、これ書いてる時点では協会からの正式発表はまだなので…もしかしてまだもめてる?

なんにせよ。
土俵の上で戦う力士衆に動揺が広がらない形での決着を望みます。

コメント