栃煌山の所有株「清見潟」が戻された?今年はベテランの大量引退があるかも…

栃煌山力士衆と親方

元幕内・武州山が年寄・春日山を襲名したと報じられました。それまでは栃煌山が所有する清見潟を借りて襲名していましたから、これは栃煌山が持ち株を手元に戻したのか?!とざわついております。

確かに春場所は目を覆わんばかりの成績ではありましたが、次の場所がまだ開かれてないのになぜ今??

新型コロナの感染拡大防止のために接触を伴う稽古が禁止になり、当たり前が当たり前じゃない日常を送っている力士衆の困惑は想像に難くないですが、ベテラン勢にとってこの異常な状況はより深刻なのかも知れません。

栃煌山は引退するの?

栃煌山雄一郎(本名:影山雄一郎)
高校時代からライバルだった元大関・豪栄道の武隈親方とともに初土俵を踏み、新十両・新入幕もほぼ同じ頃です。新三役は豪栄道が先でしたが4場所遅れて栃煌山も新三役を飾りました。

栃煌山は2010年九州場所で大関とりに挑戦しています。その時豪栄道は前頭14枚目でしたから、この頃までは出世はむしろ栃煌山の方が早かったと言えるかもしれません。

2012年には旭天鵬と優勝決定戦をやってますし5,6年前までは三役の常連でした。ケガが多くて残念なことに結局大関に届かなかったのですが。

最近の栃煌山のイメージはなんとなく幕内中位あたりにいる人って感じがします。ただ、逆に言えば幕内にいるのが当たり前のメンバーとも言えます。

我らが愛すべき栃煌山

土俵の上の栃煌山はすっごく目立つわけでも華があるわけでもありません。相手がとっくに手をついてるのに腰が痛い人が便座に座るようにゆるゆるとマイペースに手をつく仕切りがイヤだという人もいます。

でも、土俵を下りた栃煌山は愛すべき存在です。サッカーのフリーキックを空振りするくらい球技が苦手でおっそろしく駆けっこが遅いです。おまけになんか不器用。笑うと顔が1.5倍長くなります。

私は栃煌山のゆったり歩く姿に非常にお相撲さんを感じます。気は優しくて力持ちとお相撲さんを形容しますが、栃煌山はまさにそんなお相撲さんです。

引退の気配が漂う?

現役力士が取得している株は現役でばりばりやってる間はたいてい誰かに貸し出してありますが、その株が動く時は所有者の力士が引退を意識し始めていることが多いです。

今回栃煌山所有の清見潟が動いたことでどうやら栃煌山の脳裏に引退の二文字が去来してるようだと言われています。

かつては大関候補最前線だった栃煌山も気が付けば33歳。新入幕以来一度も十両に落っこちなかったのに昨年の九州場所で初の十両陥落を経験しました。幕内の土俵入りに栃煌山がいないのを見ていて、なんかしっくりこないなぁ…と思ったものです。

ただ、十両からはひと場所で戻ってきましたし、初場所も9勝6敗とまずまずの成績でした。

春場所の成績3勝12敗は確かになかなかな負けっぷりでしたが、栃煌山って高いトーンでどうした?何があった?と言いたくなる二けた勝ち星と、どんよりトーンでどうした?何があった?と言いたくなる二けた黒星が時々あるので、衰えたなあとは思わなかったんだけど。

ただ、稀勢の里は荒磯の株を手元に戻してからけっこう粘って土俵に上がってましたから、栃煌山が株を手元に戻したとしてもすぐさま引退ってことではないと思います。

コロナ問題は想像以上に深刻かも

静まり返った中で行われた春場所で特徴的なことがありました。入門10年以上の幕内力士(横綱除く)の負け越し率が高かったのです。会場の雰囲気に慣れないまま15日を終えてしまったような感じでした。

2010年入門の中卒たたき上げ組(輝・照強・ 隆の勝 )は若さの強みか勝ち越してますが、それ以前入門の18人のうち勝ち越せたのが5人しかいません。

いまコロナの感染拡大防止のために角界に飛び込んできてからずっと当たり前にやってきたことが出来なくなっています。

稽古して本場所やって巡業に出て…という1年スパンのルーティンを積み重ねてきたベテランにとって、今の状況は古傷の養生が出来るメリットとリズムが崩れてモチベーションを保てないというデメリットが背中合わせです。

もちろん入門してから数年の若手にとっても今の状況は等しくしんどいとは思いますが、10年超のベテランは30歳を超えてる人がほとんどですから体力的な不安の度合いが違う。

春場所後に豊ノ島がとうとう引退してしまいましたが、それに続く人が出なきゃいいんだけどなんてこと考えてました。

そしたら栃煌山がどうやら株を手元に戻したらしい。

開催されなかった夏場所の番付を見ると、平幕二けた台に番付を落とした大関経験者が3人います。琴奨菊は2月に秀ノ山の株を手元に戻しました。

国技館で開催を模索中の7月場所を辞めるかどうするかを決める覚悟の場所にする人が出てきそうな気配を感じます。…とりこし苦労ならいいのですが。

コメント