平成最後の初場所は1月13日が初日です

横綱

不祥事・ごたごた

元横綱若乃花(元 間垣親方)は伝説的イケメンだったのに現在は閲覧注意級の悲しさ?

角界のイケメンと言えば現役なら遠藤か朝乃山か、親方衆であれば元寺尾の錣山親方か元旭豊の立浪親方かというあたりをまず思い出しますが、元間垣親方の56代横綱の二代若乃花の現役時代も相当なものでした。 横綱引退後は年寄間垣を襲名して部屋持ち...
力士衆と親方

横綱稀勢の里は危険なダメ男?休場と聞いて気づいた悲しくも恐ろしい現実

※これはいち稀勢の里ファンの、むっちゃ主観的な記事です。 稀勢の里が初日に膝を傷めたことを理由に横綱昇進以来9度目になる休場を発表しました。場所前に優勝を目標にと横綱らしいことを言い、勝っても負けても全部出ると言った稀勢の里はどこに行ってしまったの(涙) 念願の横綱昇進を果たしたときに「負けたら終り」と言っていた人と同じ人とは思えないくらいの潔くない態度に、これが悪しき前例になりかねないのにとなんとも情ない思いを抱えます。…しかし、それでも私は稀勢の里を嫌いになれません。
力士衆と親方

横綱稀勢の里9度目の休場は論外?初場所で進退かこのまま引退不可避か

今年おさめの九州場所で、横綱稀勢の里が初日から4連敗を喫して途中休場です。これで9度目の休場となってしまいました。 場所前かなり調子は上っていると自信を見せていたものの、フタを開けてみればなんということでしょう(涙)先場所の15日間を日々心臓が止まりそうな思いで涙ながらに見守り、千秋楽にやれやれと胸をなでおろして安堵の涙を流した我々稀勢の里ファンは再び奈落の底に落っこちた気分です。 ただ、さすがに今回の休場はファンであってもそれってどうなんだ??という思いが残ります。一体稀勢の里はどうなってしまうのでしょう。
お相撲あれこれ

現役中に亡くなった横綱~大相撲のちょっと切ない話

ここは閑話休題的気分転換に横綱 玉の海・横綱 稀勢の里・元幕内 朝赤龍の土俵の外で起きたちょっと切なくなるお話をいくつかご紹介します。